カラム

YMC-Triart 【メタルフリーカラム】

YMC-Triartのメタルフリーカラムは、金属の影響を受けやすい配位性化合物などに有効です。カラムハードウェアの内側(接液部)がPEEK、外側はステンレスの二重構造により、UHPLCでも使用できる高耐圧を実現しました。

            
カラムハードウェア内側 PEEK
カラムハードウェア外側ステンレス
フリット素材 PEEK

製品の特長
  • 有機シリカハイブリッドカラムYMC-Triartのメタルフリーカラム
  • 金属配位性化合物に有効
  • カラムの内側(接液部)はPEEK、外側はステンレスの二重構造により高耐圧を実現
  • 金属配位性化合物の感度向上

    金属配位性化合物は、ステンレスなどの金属と相互作用し、ピーク形状不良の原因となることがあります。配位性のあるリン酸基を有するヌクレオチドの分析において、メタルフリーカラムではステンレスカラムと比較して良好なピーク形状が得られています。金属配位性化合物の高感度分析にLC/MSを用いる場合にも、ピーク形状の良好なメタルフリーカラムは有効です。


    Column YMC-Triart C18
    3 µm, 50 X 2.1 mmI.D.
    Eluent 5 mM HCOONH4
    Flow rate 0.21 mL/min
    Temperature 25℃
    Detection UV at 265 nm
    Injection 1 µL (10 µg/mL)

    金属配位性化合物の分析におけるシステム・カラム材質の影響

    下図では、通常システムとステンレスカラム、通常システムとメタルフリーカラム、メタルフリー化システム*とメタルフリーカラム、この3種の組み合わせでヌクレオチドの分離を比較しています。
    通常システムとステンレスカラムの組み合わせでは、リン酸基が3つのATPは吸着が強く、溶出していません。通常システムのままカラムをメタルフリーに変更することでATPの検出が可能となり、ADPのピーク形状が改善しています。さらに、メタルフリー化システムに変更することで、ATPのピーク形状も大きく改善しています。
    カラムはもちろんのこと、システムの配管などをPEEK製に変更することで、ピーク形状を改善することが可能です 。


    *メタルフリー化システム: サンプルループ、ニードルシート、インジェクタ-カラム配管にPEEKを使用

    Column YMC-Triart C18
    3 µm, 50 X 2.1 mmI.D.
    Eluent 5 mM HCOONH4
    Flow rate 0.21 mL/min
    Temperature 25℃
    Detection UV at 265 nm
    Injection 1 µL (10 µg/mL)

    *配管内側がPEEKのMarvelXTM PEEK-Linedステンレススチール配管キットを使用することで、
    配管を高耐圧のまま簡単にメタルフリーに変更することが可能です。


    MarvelXはIDEX Health & Science LLC の登録商標です。