カラム
充填剤
分取LCシステム
バイオ医薬品精製
キラルテクノロジー
受託精製サービス
フローケミストリー

シリカ系充填剤
YMC*GEL/YMC*GEL HG/YMC-Omega

シリカ系HPLC分取用YMC*GELは、逆相系、順相系など官能基の種類が豊富で、粒子径も高分離能の3 μmからオープンカラム用の150 μmまで豊富に取り揃えています。YMC*GEL HGは、高密度・高強度シリカゲルを使用しているため、充填剤の充填・抜き取りを繰り返す場合にも粒子が破損することなく長期間使用できます。 高性能でコストパフォーマンスに優れたYMC*GEL/YMC*GEL HG充填剤は国内のみならず海外でも広く使用されています。

ポイント

  • 各種の官能基・粒子径をラインナップ
  • 高密度で機械的強度に優れたシリカゲル基材を採用 (YMC*GEL HG)
  • HPLC用可動栓カラムを用いた大量分取精製に最適
  • フラッシュクロマトグラフィー・オープンカラムクロマトグラフィー用充填剤もラインナップ

優れた機械的強度(YMC*GEL HG)

YMC*GEL HGシリーズは高密度なシリカゲルを採用しているため、機械的強度に優れ可動栓カラムへの10回以上の再充填を繰り返しても充填剤粒子の破損や、カラム圧力の上昇が認められず繰り返しの使用が可能です。

充填条件
Column size 100 X 50 mmI.D., Packing pressure : 6.5 MPa
カラム性能試験
Eluent methanol/water(85/15), Flow rate : 50 mL/min

page top

インスリンなどペプチドの分離に最適

YMC*GEL/YMC*GEL HGは官能基の種類も豊富で、ワイドポア充填剤もラインナップしています。このため、インスリンなどのペプチドや、タンパク質などの分離にも適しています。YMC*GEL HGは分析カラムのYMC-Packと同等の選択性を持つ充填剤であるため、分析から分取へのスケールアップが容易です。

分析条件(1), (3)
Column YMC-Pack C8
(5 μm, 20 nm)
150 X 4.6 mmI.D.
Eluent
A) water/TFA (100/0.1)
B) acetonitrile/TFA (100/0.1)
27%B (0-5 min)
27-40%B (5-20 min)
Flow rate 0.8 mL/min
Temperature ambient
Detection UV at 220 nm
分取条件(2)
Column :YMC*GEL C8
(10 μm, 20 nm)
150 X 50 mmI.D.
Eluent
A) water/TFA (100/0.1)
B) acetonitrile/TFA (100/0.1)
27%B (0-5 min)
27-40%B (5-20 min)
Flow rate 100 mL/min
Temperature ambient
Detection UV at 220 nm

page top

EPA-EEの分取例(YMC-Omega)

内径10 mmのカラムを用いた予備検討において、高回収率となる流速や負荷量の最適化を行い、内径200 mmの可動栓カラムを用いた大量分取カラムへスケールアップしました。線流速を2倍にすることで、1回当たりの回収量は若干低下するものの、1 runの時間が半分になるため、単位時間当たりの生産量が1.8倍になり、生産性をアップすることができます。

Column YMC-Omega (10 μm)
Eluent methanol
Temperature ambient
Detector UV at 210 nm
Sample 70% EPA-EE

page top

ラインナップ

YMC*GEL/YMC*GEL HG

充填剤 粒子径
(µm)
細孔径
(nm)
特長
ODS-A 3, 5 12, 20, 30
  • 標準的ODS
ODS-A-HG 10, 15, 20, 50
ODS-AM 3, 5 12
  • 再現性の高いODS
ODS-AQ 3, 5 12, 20, 30
  • 親水性化合物の分離に最適
ODS-AQ-HG 10, 15, 20, 50
C8 3, 5 12, 20, 30
  • 適度な疎水性の逆相系充填剤
  • ワイドポアによりタンパク質・ペプチドの分離に適した充填剤
C8-HG 10, 15, 20, 50
C4 3, 5 12, 20, 30
  • アルキル鎖長の短い逆相系充填剤
  • ワイドポアによりタンパク質・ペプチドの分離に適した充填剤
C4-HG 10, 15, 20, 50
TMS 3, 5 12, 20, 30
  • 疎水性の最も小さな逆相系充填剤
TMS-HG 10, 15, 20, 50
Ph(Phenyl) 3, 5 12, 20, 30
  • ODSとは異なる選択性
Ph-HG 10, 15, 20, 50
CN 3, 5 12, 20, 30
  • シアノプロピル基を導入した順相・逆相両分離モードの充填剤
CN-HG 10, 15, 20, 50
YMCbasic 3, 5, 10 -
  • 塩基性化合物やペプチドの分離に適した充填剤
SIL 3, 5 12, 20, 30
  • 順相系充填剤のスタンダード
SIL-HG 10, 15, 20, 50
Diol 5 12, 20, 30
  • ジヒドロキシプロピル基を導入した順相系、サイズ排除用途の充填剤
Diol-HG 10, 15, 20, 50
NH2 5 12, 20, 30
  • アミノプロピル基を導入した順相系充填剤
NH2-HG 10, 15, 20, 50

YMC-Omega

充填剤 粒子径
(µm)
細孔径
(nm)
特長
Omega 10, 20, 50 -
  • オメガ脂肪酸の分離精製用充填剤

フラッシュクロマトグラフィー用充填剤

充填剤 粒子径
(µm)
特長
SIL 破砕状 50 μm、球状 25 μm
  • 安価で使いやすい充填剤
NH2
  • シリカゲルで吸着しやすい塩基性化合物に有効
Diol
  • シリカゲルとは異なる選択性
ODS
  • 試料が有機溶媒に溶解しにくい場合に有効

オープンカラムクロマトグラフィー用充填剤

充填剤 粒子径
(µm)
細孔径
(nm)
ODS-A 75, 150 12
SIL 75, 150 12

page top